銀行系カードローンと消費者金融とのキャッシングの違い

銀行系カードローンと消費者金融でのキャッシング。お金を借りるとなるとこの二つが代表的なものではないかと思います。

ですがこの二つ、これだけ役割は似ているとはいえ、何が違うのだろう?と思いませんか?そんな違いを今回は紹介していきます。

 

hisbis

金利面について

やはりカードローンとキャッシングでは金利が1番の違いです。

金利面では、カードローンに分があり、上限でも14パーセント台なのが多いのに対して、消費者金融は上限が18パーセント前後が平均といったように金利面での差は圧倒的にカードローンに分があります。
下限だとまだ差がないように見えても銀行によっては下限は2パーセント台前後とかなり低い金利となっているようなケースも多く、かなり安い金利を得たいときには、どう考えても銀行系のカードローンを利用したいという面が強いです。

審査の通過率

次に審査の面ですがこれは圧倒的に消費者金融に分があるといえるでしょう。

消費者金融は大手でも審査の通過率は4割から5割くらいはあると言われております。それに対して、銀行系のカードローンは通過率は3割未満と低い傾向にあるのがほとんどです。中小の消費者金融と比べると更に通過率に差が出てきます。審査に通過したいという面が強いときには、消費者金融へのキャッシングの方が安定しているのではないかと思います。

借入限度額

借入限度額にも大きな差があり、こちらは銀行系のカードローンが優位です。

銀行系のカードローンでの借り入れ限度額は最低でも500万円くらいはあります。中には最大で1000万の限度額のところもあります。ですが消費者金融の中では、最高500万円または300万が多く、大手消費者金融以外の中小の消費者金融業者だともっと低く100万円を借入限度額が割るところも珍しくはありません。

続きを読む