キャッシングとカードローンどちらを使ったほうが良いか。

キャッシングとカードローンの相違点は、お金を借金して手にすることでは一緒なのですが、基本的な返済方法がキャッシングの場合は一括返済でカードローンは分割返済になることです。

みなさんも、お金が急に必要になったが手元不如意で用意ができずに困ったことは一度ぐらいはあったと思いますが、キャッシングとはそんな時に銀行のキャッシング機能の付いたクレジットカードを使ってATMなどからお金を引き出し借金することです、

借入の上限額はクレジットカードの使用年数に応じて上がっていきますが最初は10万円程度の設定が多いようです、返済は翌月の一括返済が一般的で利息は8~18%の範囲で10万円程度の借り入れですと18%の利息設定になることになります。

貸金業法に基づいたサービス

bunkatu

カードローンは、貸金業法に基づいて監督官庁に登録済みの消費者金融会社の融資の審査を受けて作ったローン専用のカードで店舗の窓口または自動支払機でお金を引き出したり、インターネット上の画面から消費者金融会社から銀行口座に振り込みをしてもらうなどの方法があり、借り入れ申し込みの当日に借入ができる消費者金融がほとんどです、返済方法はキャッシングと異なって分割返済になり決められた返済金を毎月返済完了まで支払うことになり、同じ金額をキャッシングで借り入れた場合よりも利息は当然多く支払うことになります。

キャッシングとカードローンの相違点は以上ですが、どちらがご自身にとって最適な借入方法であるかは、借り入れ金額と返済能力によって異なり確実に翌月に一括返済できるならばキャッシングの方が利息の支払いも少額で済みますから便利に思えますが、翌月返済ができない場合はカードローンを利用し無理のない返済計画を立てて確実に返済することが大事です。

続きを読む