昔に比べると即日融資の商品が増加した

ここ最近のキャッシングの特徴の1つは、スピードが速くなってきている点です。以前に比べると、非常に速やかに融資を受ける事ができる会社が増えつつあります。

というのも最近、即日融資という表現が使われるケースが増えてきました。そのタイプの商品には、融資が実行されるまでのスピードに大きな特徴があります。なぜなら、即日の商品は申し込みをした日の内に借りる事ができるからです。

例えば3月18日に、即日融資の会社で申し込みをしたとします。その場合は、実際に実際に振り込まれるのは3月18日になる訳です。つまり当日中に融資の金額が振り込まれる事になります。

そもそも「即日」という条件は、その日の内にという意味です。

そして一昔前の金融会社では、早い商品が少々少ない一面がありました。会社によっては、融資が実行されるまでに1ヶ月ほどかかるケースもあった訳です。

スコアリングシステムの自動化

soku

最近では、金融会社に対する審査のシステムが色々と変化してきています。昔はコンピューターなどもあまり発達していなかったので、手作業で審査を行う必要がありました。それで審査が結果が出るまで、多少の時間がかかっていた訳です。
ところが最近ではITツールなどが大きく普及した事により、自動的に審査の結果が弾き出されるようになりました。そのスピードが非常に早い訳です。

そして即日融資のキャッシングのメリットは、急ぎでお金が必要な時に助かる点です。というのも人によっては、とにかく急ぎでお金を調達したいとのニーズがあります。いわゆる冠婚葬祭などのタイミングでは、その日の内に資金を調達したい事も多いです。以前に比べるとスピードも速くなったので、そのニーズに対応できるキャッシングも増えた訳です。

続きを読む

キャッシングとカードローンどちらを使ったほうが良いか。

キャッシングとカードローンの相違点は、お金を借金して手にすることでは一緒なのですが、基本的な返済方法がキャッシングの場合は一括返済でカードローンは分割返済になることです。

みなさんも、お金が急に必要になったが手元不如意で用意ができずに困ったことは一度ぐらいはあったと思いますが、キャッシングとはそんな時に銀行のキャッシング機能の付いたクレジットカードを使ってATMなどからお金を引き出し借金することです、

借入の上限額はクレジットカードの使用年数に応じて上がっていきますが最初は10万円程度の設定が多いようです、返済は翌月の一括返済が一般的で利息は8~18%の範囲で10万円程度の借り入れですと18%の利息設定になることになります。

貸金業法に基づいたサービス

bunkatu

カードローンは、貸金業法に基づいて監督官庁に登録済みの消費者金融会社の融資の審査を受けて作ったローン専用のカードで店舗の窓口または自動支払機でお金を引き出したり、インターネット上の画面から消費者金融会社から銀行口座に振り込みをしてもらうなどの方法があり、借り入れ申し込みの当日に借入ができる消費者金融がほとんどです、返済方法はキャッシングと異なって分割返済になり決められた返済金を毎月返済完了まで支払うことになり、同じ金額をキャッシングで借り入れた場合よりも利息は当然多く支払うことになります。

キャッシングとカードローンの相違点は以上ですが、どちらがご自身にとって最適な借入方法であるかは、借り入れ金額と返済能力によって異なり確実に翌月に一括返済できるならばキャッシングの方が利息の支払いも少額で済みますから便利に思えますが、翌月返済ができない場合はカードローンを利用し無理のない返済計画を立てて確実に返済することが大事です。

続きを読む

三井住友銀行グループのモビットなら安心

消費者金融の大手会社の一つとして有名なモビット。

三井住友銀行グループなので会社もしっかりとしているので安心してお金を借りれます。お金を借りたいけど、近来が高そうだし、どこの会社が良いのか分からないという人にはモビットをお勧めします。

dpojdpi

モビットでは低金利で4.8%から18%です。限度額も1万円から500万円までと多額のお金が必要だという人に向いています。審査結果も10秒でお客様を待たさずにすぐに診断して教えてくれるので安心です。

しかも土曜日や祝日等の休日でもキャッシングができ、お店に行かずにお金を引き出せるのがとても魅力です。

誰にもばれずに借りたい人に特にオススメのモビット

お金を借りる事を絶対に知られたくない人にはモビットはお勧めです。お客様の不安をわかってくれているので,まず会社に電話確認という事はありません。モビットカードの申し込み方法は、インターネットから出来ます。お客様情報と自宅情報と勤務先情報等の住所や電話番号などを入力して頂きます。

その際に希望連絡先という箇所があります。携帯、自宅、勤務先の3つの中から選択できます。家族に知られたくない人は必ず携帯にしましょう。
これらを全部入力して確認ボタンを押すと完了です。

モビットカードは、全国に約100000代の提携ATMネットワークがあります。緊急にお金がいる時に、自宅近くのコンビニやスーパ等でATMからお金が引き出せるので安心です。一部のコンビニ、スーパーでは利用できない場合があるので、あらかじめモビットに確認しときましょう。

2015年の4月1日から2016年の3月31日までだとATMの手数料がかからないです。その期間は、無料キャンペーンなのでATM手数料が無料です。無料の対象は、借り入れや返済のどの取引になります。キャンペーン期間を利用しながら上手にモビットでお金を借りましょう。

お金を借りる時は必ず貸付条件をしっかり読んで契約しましょう。

続きを読む

銀行系カードローンと消費者金融とのキャッシングの違い

銀行系カードローンと消費者金融でのキャッシング。お金を借りるとなるとこの二つが代表的なものではないかと思います。

ですがこの二つ、これだけ役割は似ているとはいえ、何が違うのだろう?と思いませんか?そんな違いを今回は紹介していきます。

 

hisbis

金利面について

やはりカードローンとキャッシングでは金利が1番の違いです。

金利面では、カードローンに分があり、上限でも14パーセント台なのが多いのに対して、消費者金融は上限が18パーセント前後が平均といったように金利面での差は圧倒的にカードローンに分があります。
下限だとまだ差がないように見えても銀行によっては下限は2パーセント台前後とかなり低い金利となっているようなケースも多く、かなり安い金利を得たいときには、どう考えても銀行系のカードローンを利用したいという面が強いです。

審査の通過率

次に審査の面ですがこれは圧倒的に消費者金融に分があるといえるでしょう。

消費者金融は大手でも審査の通過率は4割から5割くらいはあると言われております。それに対して、銀行系のカードローンは通過率は3割未満と低い傾向にあるのがほとんどです。中小の消費者金融と比べると更に通過率に差が出てきます。審査に通過したいという面が強いときには、消費者金融へのキャッシングの方が安定しているのではないかと思います。

借入限度額

借入限度額にも大きな差があり、こちらは銀行系のカードローンが優位です。

銀行系のカードローンでの借り入れ限度額は最低でも500万円くらいはあります。中には最大で1000万の限度額のところもあります。ですが消費者金融の中では、最高500万円または300万が多く、大手消費者金融以外の中小の消費者金融業者だともっと低く100万円を借入限度額が割るところも珍しくはありません。

続きを読む